未分類

【意外と知らない】コーヒー一杯あたりの適切な豆の量を教えます

投稿日:

 

コーヒー豆とお湯の量によって、コーヒーの濃さが変わってきます。豆の量が多ければ多いほど、濃くなっていきます。だからと言って、濃ければ美味しいとも限りません。また、どの程度の量がちょうどいいのか、分からない。ということもあるでしょう。この記事では、美味しく飲めるコーヒー豆とお湯の量を紹介していきたいと思います。

 

 

コーヒー一杯に使用する豆の量は?

 

コーヒー1杯に対し、コーヒー豆はおよそ10グラムと言われています。しかし、コーヒーの抽出方法はペーパードリップもネトルドリップもコーヒーの豆の「層」に湯を通して行いします。どちらも底面部分の大きさと角度が決まっているので、豆の量で「層」の厚みが決まってしまいます。よって、より量が多いほど、より濃く深い味を出すことができるのです。

 

しかし、コーヒー豆の「層」に水を通すことで抽出するので、二杯、三杯と多く飲む場合、20グラム、30グラムと増やさず、少し少なくしましょう。予想以上に濃い味になってしまいます。

 

 

コーヒー豆と焙煎

 

コーヒー豆は焙煎度で重さが変わります。焼けば焼くほど、豆に含まれる水分が少なくなるので、軽くなります。なので、浅煎りは重く、深煎りになればなるほど、黒ければ黒いほど重くなります。

 

 

コーヒー豆の量はどうやれば、均一になるのか?

 

そこで登場するのが、コーヒースプーンです。しかし、メーカーによって、一杯の量が8グラムから12グラムと振れ幅があります。自分がよく使う焙煎度合いのスプーンを選びましょう。

 

 

お湯の量はどうなるのか?

 

お湯の量はコーヒー豆と違い、1杯なら150ccから180cc。2杯なら280ccから300ccと、倍ずつ増えていきます。純粋に、飲むお湯の量なので、コーヒー豆のように、変則的な増え方はしません。

 

 

まとめ

 

お湯の量は変わりませんが、コーヒー豆の量は飲む量が多ければ多いほど、一回に使用する量が10グラム、18グラム26グラムと変わっていきます。市販で売っているコーヒー豆は、グラムで売っているので、一回に飲む量が多ければ多いほど得をするのです。さらに、コーヒー豆の量が多ければ多いほど、コーヒーの味は濃く深い味わいになります。多ければ多いほど、得する飲み物。それが、コーヒーなのです。

 

もし、家でコーヒー豆から飲むとき、自分以外の人も誘って作ったりすると、コーヒー豆の節約になりますね。

 

-未分類

Copyright© コーヒー豆おすすめラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.