未分類

【知ってますか?】コーヒー豆の正しい保存方法をご紹介

投稿日:

コーヒー豆は長期保存しておくと、劣化してしまいます。

いくら入れ方が上手でも、保存方法が下手だとコーヒー豆が不味くなり、100%美味しいコーヒーが飲めません。美味しいコーヒーを飲むために、どうすると、コーヒー豆の新鮮な状態を保つことができるのか。この記事では、コーヒー豆の保存の仕方について紹介していきたいと思います。

 

コーヒー豆が劣化するのはなぜ?

 

コーヒー豆は「湿気」「空気」「熱」「光」に弱く、これらに当てられると劣化してしまいます。その中でも、「湿気」がコーヒー豆にとっての天敵で、湿気を吸い込むことで劣化を早めます。また、焙煎後は特に湿気に弱いです。よって、コーヒー豆の保存にはこの4個の弱点を克服しなくてはいけません。では、どのようにして保存をするのでしょうか?

 

 

コーヒー豆の保存方法は?

 

簡単に言うと、涼しく水気がなく暗いところが一番いい保存の場所です。しかし、暗い場所には湿気が多い場合がほとんどで、湿気と一緒に香りなども吸い込むことから、消臭剤としても使われているほど吸湿性にすぐれているため、簡単に保存場所を決めれません。

 

そこで、コーヒーの研究者で意見が分かれる、冷蔵庫と冷凍庫です。どちらとも、保存方法として論争が分かれますが、一般家庭の場合は冷凍庫の方がいいでしょう。冷蔵庫だと、他の食材の匂いが混ざって、美味しいコーヒーから遠ざかってしまいます。

 

しかし、冷凍庫で保存し使う場合、注意が必要です。コーヒー豆を出して使うとき、すぐに使わないと湿気で逆に劣化してしまいます。

 

1ヶ月を超えない場合は、冷蔵庫の方が保存がいい場合もあります。

 

 

保存するときの注意!

 

最初に書きましたが、空気にもコーヒー豆は弱いです。なので、保存容器はできるだけタッパーやジップロックなどの、密封できるものが1番です。

 

また、いくら冷凍庫に入れておいても少なからず劣化はしてしまいます。3ヶ月を超える前に全部使い切ってしまいましょう。

 

さらに、コーヒー豆を買うとき、焙煎してからあまり時間が経っていないか。をしっかり確認してから買うと、家で保存できる時間が長くなります。

 

 

 

まとめ

 

コーヒー豆が苦手とするものを避けた、涼しくて暗くて湿気がない場所。冷蔵庫や冷凍庫に保存しましょう。また、保存容器もできるだけ密封できるものを選び、できるならば一回ごとに分けて保存するとさらにいいです。

 

美味しいコーヒーを飲むためには、しっかり保存方法を使うといいでしょう。

-未分類

Copyright© コーヒー豆おすすめラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.